Kyohei Taniguchi

Written by Kyohei Taniguchi
1997/01/28生まれ、岡山県出身、関西大学卒業、2019/11/07~南米パラグアイに移住 趣味:音楽・映画鑑賞、スポーツ観戦


日本からパラグアイへ

パラグアイに移住しよう~日本準備編~

今回は、パラグアイへの移住するために必要な書類などについてお話します。

日本人が簡単に移住できる国のひとつがパラグアイです。 しかし、簡単とは言えどある程度必要な書類や手続きを踏まねばなりません。

ーどんな書類が必要なの?

1.戸籍謄本
2.日本の無犯罪証明書(渡航証明書)
3.戸籍謄本と日本の無犯罪証明書(渡航証明書)のアポスティーユ手続き
4.5,000ドル相当の残高証明書(2,500万グアラニー)
5.パスポートの顔写真ページのコピー
6.パスポートの入国印ページのコピー
7.外国人用の無犯罪証明書
8.パラグアイ国内の無犯罪証明書
9.居住証明書
10.パラグアイの法律順守誓約書
11.パラグアイの健康診断書

以上の10点を用意し、現地の移民局に提出することで永住権の申請が行えます。

日本で用意するものは?

上記の1~5を日本で用意することをお勧めします。

取得までの流れはどのような手順?

1~5をそれぞれ順に説明していきます。

1.日本の戸籍謄本

戸籍謄本の取得方法は二つあります。

  • ご自身で本籍地の市区町村役場に取りに行かれる方法
  • 郵送申請を行い、郵送により取得する方法

ご自身で本籍地の市区町村役場に取りに行かれる方法

  • 費用
    戸籍謄本1部 450円
  • 必要書類
    ご本人確認のできる書類(有効な運転免許証・健康保険証・在留カード・特別永住者証明書) 注)代理人の方に行っていただく場合は、委任状が必要となる場合があります。各市区町村のHPにて確認してから行ってください。

郵送申請を行い、郵送により取得する方法(参考:岡山市)

  • 費用
    戸籍謄本1部 450円
  • 必要書類
    1.請求書 http://www.city.okayama.jp/contents/000286084.pdf
    2.請求者本人を確認できる書類(現住所の記載のある有効な運転免許証・健康保険証など)のコピー
    3.手数料分の定額小為替(郵便局でお買い求めください)
    注)無記名の状態で郵送
    返信用の切手と封筒(切手を貼り、あなたの郵便番号・現住所・氏名をはっきり書いてください)

A,Bいずれかの方法で戸籍謄本の取得は可能です。
ちなみに私は、本籍地にいなかったのですが、親が本籍地にいたので親に頼んで郵送してもらいました。親に頼んだので請求書や委任状を書く必要がありませんでした。お勧めします! あくまでも私個人の場合ですので、各市区町村によって多少の違いがありますし、仕組みも変わっている可能性もあるので、事前にHPで確認してから行ってください。

2.日本の無犯罪証明書(渡航証明書)

無犯罪証明書は、住民登録している都道府県の警察署で取得することが出来ます。(例)東京都→警視庁
こちらは、戸籍謄本とは違い、代理人や郵送での申請や取得はできません。必ず本人が行く必要があります。

  • 費用
    都道府県によって変わる(東京:警視庁は無料)
  • 必要書類
    1.パスポート(有効期限内、コピー不可)
    2.氏名、住民登録地が確認できるもの
    → 住民票(発行から6か月以内)
    マイナンバーカード
    自動車運転免許証(住所表記が住民登録地と一致の場合のみ)
    3.証明書発給の必要性が確認できる書類
    →パラグアイ大使館HPに載っている、ビザ申請書を記入して持っていけばOKでした
    http://www.embapar.jp/wp/wp-content/uploads/2013/12/VISA-FORMULARIO-DE-SOLICITUD-NO-RESIDENTE-PDF.pdf
    〇注意点
    無犯罪証明書は都道府県によって、手続きの許可が下りるところと下りないところがあるようです。
    〇手順(警視庁の場合
    必要書類3つを用意します。私は住民票を用意しました。
    申請書に関しては、必要事項を記入しただけで写真は貼っていませんでしたが大丈夫でした。
    これらの書類を持って警視庁で「無犯罪証明書を申請しに来ました」と受付に行くと待合室に案内されます。後は病院のように名前が呼ばれたら係りの人について行ってください。

申請窓口に入ってからは、持ってきた書類を確認してもらった後にいくつか質問をされます。
私の場合は以下の3つです。
・今回行く国はどちらですか?
・目的は?
・過去に無犯罪証明書を申請したことはありますか?
目的に関する質問に対しては、「永住権を申請するために長期滞在するからです」と答えました。 そうすると「他に何かされますか?」と言われたので「自分探しをして、何か始めたいなと思っています」と答えました(笑)
こんなあやふやな回答でも意外といけました。。。

申請が完了したら、、、
申請の手続きが無事に終わると、持ってきた必要書類を返却されるので受け取ります。
一緒に申請したことの証明書的な紙をもらえるのでなくさないように保管しておいてください。
約1週間で無犯罪証明書を作成してもらえるので、保管していた申請したことの証明書とパスポートを持って、受け取りに行ってください。昼休みは受付してもらえないので、時間をよく見ていってください。尚、郵送はできないそうです。

場所や人によって申請ができるところと、できないところの差があるようで、この無犯罪証明書が日本で行う準備で最も面倒なものになると思います。私のブログが少しでも役に立つことを祈っています。

警視庁HP:https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/tetsuzuki/toko/toko.html

3.戸籍謄本と無犯罪証明書のアポスティーユをもらう

戸籍謄本と無犯罪証明書が無事にとれたら、もう一息です。。。
二つの書類を外務省でアポスティーユを受ける必要があります。
アポスティーユとは?
アポスティーユは、公印確認とも言われます。簡単に言うと、日本の書類を海外でも使えるようにアップグレードすることです。
このアポスティーユをもらわないと、日本を出た瞬間にただの紙切れになってしまします。

では本題に戻ります。

  • 費用 無料(郵送での申請も場合は郵送代のみ)
  • 必要書類 1.申請書
    2.身分証明書:運転免許証、パスポートなど

〇手順(外務省で窓口申請する場合)
外務省に行き警備員にアポスティーユの申請に来ましたというと、案内してくれます。その際身分証明書の提示を求められるので、準備しておいてください。
窓口に行ったら、番号札を発見し順番を待ってください。
窓口に申請書が置いてあるので、順番待ちの間に書いておけばスムーズです。尚、申請書はHPからもダウンロードできるようなので記入してから行くことも可能です。
申請書:https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000472859.pdf

順番が来たら、パスポートと申請書を出し、アポスティーユの申請を行います。
完了すると、手のひらサイズの申請したことの証明書がもらえます。そのときに受け取り可能日を言われるのでその日以降に取りに行くだけです。
私が申請した時は3日で出来ましたが、余裕をもって1週間から10日ほどかかると想定しておいた方が良いでしょう。

受け取り可能日になったら、証明書とパスポートを持って窓口に行けば受理できます。

外務省HP:https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000608.html
UNCC1383 SONT6776
↑アポスティーユをもらった実際の書類(上:戸籍謄本、下:無犯罪証明書)

4.5000ドル相当の銀行口座残高証明書

現地で永住権の申請を行う際に、現地で銀行口座の開設をする必要があります。
その際に5,000ドル相当(2,500万グアラニー)のお金が必要となります。
そこで一応、自分の資産がその金額を満たしていることを証明できるように日本の銀行口座の残高証明書を用意しておくことをお勧めします。
これで確実に開設できる保証はありませんが、一応準備しておくことを大使館の職員さんからおすすめされたので、準備しておきましょう。

5.パスポートの顔写真ページのコピー

これは特に何の工夫も難しいこともありません。
言葉の通り、コンビニや自宅のコピー機でパスポートの顔写真が載っているページをコピーして下さい。

最後に

以上が日本で準備するべき書類の申請及び取得方法です。
あくまで参考になります。人や場所によって違いがありますので、事前にホームページや問い合わせをなどをしながら進めていってください。


Contact Form