Kyohei Taniguchi

Written by Kyohei Taniguchi
1997/01/28生まれ、岡山県出身、関西大学卒業、2019/11/07~南米パラグアイに移住 趣味:音楽・映画鑑賞、スポーツ観戦


体験談:パラグアイで素敵な物件を見つけるために

ここ数年でパラグアイに移り住む方も増えてきました。移住するということは住む場所が必要です。 そこで今回はパラグアイで家を借りる方法について、私の体験を元にお話ししていきます。

パラグアイの賃貸契約の方法は二つです。
1,不動産会社やエージェントを介して借りる方法
2,空き物件の看板の電話番号に電話し直接大家と交渉する方法

ちなみに、パラグアイでは物件に看板がついています。看板には2種類あって、Alquilo(賃貸)Vendo(売り物件)の2つです。
一緒に電話番号や不動産会社の所有するものであれば会社の名前があるので、街の雰囲気を見ながら自分の足で探しに行く方法もあります。

全ての方法を試しましたが、スペイン語も十分ではなかったですし自分の足で探すのも限界を感じたので、最終的に私は1の不動産会社を介する方法で借りました。

パラグアイにも日本のSUUMOのように物件を紹介している会社がいくつかあります。

私は今回、Re-maxを利用したので今回はRe-maxがメインになりますが、基本的な仕組みや流れは一緒です。

1,検索項目を入力する

上記のリンクからHPに飛ぶと、検索項目が入力できる画面になります。まず、売買か賃貸を選択します。次に、探している地域を入力します。私はアスンシオンで探していたので”Asuncion”と入力しました。
その他にも希望する価格帯などを入力するところがあるので、希望のある方は入力して検索してみてください。後から追加することも可能です。
remax 検索画面

2,物件を選択し詳細を見る

物件の一覧の表示方法については二通りあります。
A 検索結果画面から物件を選択する
B 検索結果画面の右上のピン📍のマークを押して、地図上から選択する。(赤文字の全て取り除くの上にあります)

A・Bどちらの方法で物件を選択しようが、物件の詳細情報は同じです。
Bの地図上で閲覧する場合には、赤い点をクリックすると物件の簡易情報が表示されます。(住所・家賃・部屋数など)
気になる物件があれば、簡易情報の記載された吹き出しをクリックすると物件の詳細ページに移ることができます。

一度やった人間として、個人的にお勧めするのはBの地図上で選択する方法です。
理由としては、どこに物件があるのか一目でわかること。違う地域をみたい場合に地図を移動させるだけで済むことなどです。
スクリーンショット 2020-02-22 14.33.22

3,物件の詳細を確認する

物件の詳細ページには、物件の写真・部屋数・庭の有無・風呂の数・土地面積など様々な情報が載っているので希望に合う物件が見つかるまでここまでに書いた1,2,3のステップを粘り強く繰り返してください。
物件によって写真の量や情報量のばらつきが結構あります。また、残念なことに部屋数はどの物件にも記載してくれているのですが、間取りを書いてくれていないので見にいくまでのお楽しみとなってしまうのが難点です。
スクリーンショット 2020-02-22 14.55.50

4,エージェントに連絡する

気に入った物件見つかったらエージェントに内見の申し込みをしましょう。
物件の詳細ページにエージェントへの連絡フォームがありますが、ここに送っても返信が来ませんでした。なので、同ページのエージェントの顔写真の下に電話番号とWhatsappのアカウントが添付されているので、そちらに電話かWhatsappにメッセージを送ってください。
連絡フォームに何通送っても返信がなかったのに、Whatsappだとその日のうちにすぐに返信がありました。

5,内見をする

現地集合・現地解散が基本です。家の場所をよく確認しておいてください。
エージェントと合致したら鍵を開けてもらい内見の始まりです。

内見で見ておくべき点はいくつかあります。
◎内装の劣化具合
パラグアイの家は一昔前の日本のような一階建ての古民家のような家が多くあります。なので、少しガタが来ている部分も多いので、生活に支障のない程度なのかしっかりみてください。

◎雨が降った時はどうなるのか
パラグアイは非常に雨の少ない気候の国です。しかし、夕立のような激しい雨が時折降り注ぎます。雨漏りはもちろんですが、インフラが整っておらず道が川に変わるところも所々あります。なので、雨漏りと雨天時の周辺の様子について聞くことをお勧めします。
エージェントも商売なのでいいようにしか言わない人もいるので、雨の日に見に行ってみたり近隣住人やお店に聞いてみてもいいと思います。

◎治安がいいのか
住むところの治安が悪いのは嫌ですよね。南米は治安の悪いイメージを持っている人も多いと思いますが、パラグアイの治安はかなりいい方です。しかし、場所によってはもちろんよくないところもあります。治安の良し悪しは数十メートルの距離でぱったりと変わることもあります。
治安の悪さには数値があるわけではないので、はっきり分かるわけではありませんが、街の雰囲気や人をよく見ておいてください。 浸水 ↑全ての場所ではありませんが、雨が降ると車が埋まるほど浸水してしまうところもあります

6、家を決める

内見をして気に入ったら、エージェントに契約することを伝えれば家探しは終了です。

まとめ

今回のブログは家を探して決めるまでの流れを書きました。
家を探すという同じ行為でも、日本とは違うことだらけです。家の構造・気候・治安・文化など挙げれば切りがありませんが、その中でも今回の手順を様々なサイトで行えば必ず素晴らしい物件が見つかります。
毎日の拠点となる大事な買い物です。各々譲れない条件などあると思いますが、今回あげた見るべきポイントは見てください。
最後に一つだけ言わせていただくと、とにかく内見に行きまくることです。攻めましょう!
それでは、みなさんが素敵なところに住めることを祈っています。
次回、家を探した後の契約のことについてかかった費用などについてお話しします。
それでは皆さん良い一日を。。。

K.Y.O.blog


Contact Form