Kyohei Taniguchi

Written by Kyohei Taniguchi
1997/01/28生まれ、岡山県出身、関西大学卒業、2019/11/07~南米パラグアイに移住 趣味:音楽・映画鑑賞、スポーツ観戦


ESTAの申請について

今回は、アメリカに行かれる方に必要になるESTAの申請についてお話ししていきます。 IMG 1817 (2) (1)

ESTAって何?

ESTAとは電子渡航認証システムのことで、アメリカへの渡航の際に必要になる入国審査制度です。
アメリカへの渡航は原則として、ビザの申請が必要です。しかし、VWP参加国の国籍を持っていいる渡米者で尚かつ、90日以内の短期滞在に限りビザの申請が免除されます。その代わりに、簡単にネットで出来るESTAで入国審査を行う制度です。
つまり、アメリカに入国させて大丈夫な人かを事前にネット上で審査するものです。

ー入国できない人の条件は?

  • 滞在予定期間が90日以上の方
  • 過去にオーバーステイの経歴がある方
  • 過去に重大な犯罪を犯した方
  • 過去に何らかの理由によりビザの取り消しをされたことがある方
  • 重大な病気や怪我を抱えており、緊急の治療が必要になるかもしれない方

主にはこれらに該当する方は申請することが出来ません。問題の解決をした後に、申請してください。もちろん例外もございますのでよく注意してください。

ESTAの申請を忘れた動画をあげていますw

それでは、実際の申請方法や費用などについてお話していきます。

ESTA申請方法

  • 費用
    14ドル
  • 必要なもの
    1.ネット接続出来るもの(パソコン・タブレット等)
    2.クレジットカード(申請費用支払いのため)
    3.パスポート(パスポート番号入力があるため)

ESTA申請において、特別何か用意する書類はありません。

パスポートとクレジットカードを持っていれば問題ありません。
パスポート番号やクレジットカード番号を覚えている方などは、パソコンやタブレットだけ用意すればいいという話です。

注)利用可能なクレジットカード会社→VISA / Master Card / JCB / Diners / AMERICAN EXPRESS IMG 1816 (1)

申請で注意すべきこと

必要書類もほとんど必要なくネットで出来るため、皆さんの中での申請のハードルは少し下がっているかもしれません。確かに自宅などでもできるため簡単なことは確かですが、注意すべきこともいくつかあります。

1.経由地の場合にも申請が必要

アメリカが最終目的の方はもちろんESTAの申請がもちろん必要ですが
アメリカが経由地の方もESTAの申請が必要です。

滞在しようが経由であろうが、アメリカにフライトする人はESTAの申請をしなくてはなりません。滞在はしないから必要ないと思わないように気を付けてください。

2. 渡航許可はすぐに下りない

申請を行ってから結果が出るまでは、最大72時間で審査結果が出ます。すぐに結果を得られないことがほとんどです。そこで、渡航の予定が決まり次第、すぐに申請を行うことをお勧めします。
ESTAの認証が得られていないと飛行機に乗ることが出来ません。

ある方は、フライトの時間までに認証が得られなかったために飛行機に乗れず、次の飛行機の空席をお金を払って予約していました。空席があったからよかったものの、なければキャンセル待ちとなります。最悪の場合、日をまたいで出直すことにもなりかねません。

事前に余裕をもって申請をして、余分なお金や時間を使わないように注意してください。

3. ESTA認証には有効期限がある

ESTA認証の有効期間は認証日から2年間です。

2年を超えた場合には、再度申請をし、認証を受ける必要があります。
また、パスポートの有効期限が2年以内に切れる場合には、パスポートが失効した時点で、ESTAの認証も失効します。パスポートの有効期限が短い場合には、パスポートの更新を行ってから認証をもらうことをお勧めします。

パスポートの再発行をされた方は新しい番号で認証を受けなくてはなりません。

4. 許可が下りない場合もある

このブログの冒頭にも記述した、入国できない人の条件に当てはまる方や、何らかの理由により、申請をしても認証を得られないことがあります。
その場合には、大使館でビザを取得する必要があります。

ビザの取得にはかなりの時間と手間がかかります。そこで、何度も言いますが事前に余裕を持って申請を行ってください。

ESTAやビザの取得については米国大使館のHPにも書かれていますので併せてご覧ください。
米国大使館HP:https://jp.usembassy.gov/ja/

まとめ

今回はアメリカへの渡航で必要となる、ESTAについてのブログでした。 ESTAはきちんと手順を踏み、時間に余裕をもって行えば非常に簡単に手続きを行うことが出来ます。皆さんも空港でばたばたと変な不安を抱かないように申請を行ってください。 このブログが皆さんの旅のスタートを気持ちよく切るための手助けになればと思います! 最後にもう一度だけ言っておきます。

アメリカが経由地の場合もESTAの申請は必要です!

Twitterもしているのでフォローお願いします!


Contact Form